忍者ブログ
心羽との生活、日々の出来事などを綴ります♪
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、秋篠宮紀子さまが第3子をご出産されましたね。

身長48.8センチ、体重2558グラムの元気な男の子。

皇室のお話なので、世間様ではいろんな意見が飛び交って

いるようですが、今日のテレビを見ていて私は素直に心から

ただ、「おめでとうございます」と拍手をしました。

命の誕生は本当にすばらしいもの。

その命を10ヶ月間、お腹で育てたお母さんもすごいし

お腹の中で頑張って育ってちゃんとこの世に産まれてきてくれた

赤ちゃんもすごいんですもの、男の子とか女の子とか関係ないんです。

せっかくパパとママに望まれて産まれた命なのですからこれからの

お子様の人生が輝かしいものになってくれたらと願うばかりです。

 


朝早くからテレビで紀子さまのご出産についての

情報が流れていて私もとても懐かしい気持ちで見ていました。

この日。とばかりに今日の内容は私の帝王切開のお話です。

ちょっと長いので、数日に分けてお話しますね。

 

**********************************************************

私も3が月前に心羽を帝王切開で産みました。

心羽は6ヶ月くらいの時に1度、逆子になってしまったけど

何もせずにいつの間にか治っていたんです。

それが、8ヶ月の時、また逆子になっちゃって、今度は逆子を治す

ツボを刺激する為のシールを足首に貼られて、逆子を治す体操を

する様に言われました。

でも結局、妊娠9ヶ月が過ぎても治らなかったので10ヶ月(36週)で

帝王切開をすることになったのです。

今まで、大した怪我も病気もしないで来た私だったので

手術はちょっと怖かったですが、赤ちゃんに会う為と思って頑張りました♪

 

私の出産予定日は本当は6月27日だったのですが、

帝王切開のため3週間早い8日に変更になりました。

入院はその前日の7日の午後3時。

それまで、家の掃除、持ち物の準備、主人が何がどこにあるか分かるように

紙にメモと手紙を書き、自分で車を運転して病院にいきました。

病院に着くと、まずは私の体の検査、(麻酔をしても大丈夫かなどの検査)を

してその日のお夕飯は美味しく頂き、部屋で過ごしました。

そしてとうとう、8日当日。 

主人と両親に見送られながら私は手術室に入って行きました。

主人は私の頭をそっとなでて「頑張ってこいよ」と言ってくれたのを覚えています。

手術室に入ると、まずは浣腸をされてトイレにいきました。

帰ってくると、背中に打つ局部麻酔の太い針の痛み止め様の注射をされ、

自力で手術台に上がりました。 (その時の私のかっこうは裸ん棒(^-^;))

一瞬ですが、裸にされたあと、私の上に布が被せられ、

胸から下が見えないように幕がかけられました。

両方の腕には点滴と血圧を測る器具が付けられました。

 

朝から絶食してお昼頃に手術の開始。

外来で遅れてきた先生がやっと来て、「始めます」の声が聞こえました。

私の場合、局部麻酔だったため筋肉注射を肩へ、それと下半身への麻酔を

背中に打たれました。 筋肉注射はそんなに痛くなかったけど背中への

注射が痛くて思わず、「ウッ!」と言ってしまったほど。

そして先生の「○○さん、切るよォ~」の声。 

私も意識があるため「は~い。お願いしま~す♪」と軽く言っていました。

その後、ほんの数分で

「はい、赤ちゃんでたよォ~! ○○さん、おめでとう♪元気な女の子だよ。」 

という先生の声と共に看護婦さんが私の横に体を拭かれた小さな赤ちゃんを

みせてくれたのです。 

赤ちゃんはとても小さくて、でもちゃんと五体満足の女の子でした。

私は「心羽ェ~、産まれてくれてありがとね。」と言っていました。

それから先生が来て「○○さん、全身麻酔するから少し眠ってね」と言われると

今度は口と鼻からの麻酔が入ってきて私は眠りました。

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
紀子様無事ご出産されてよかったですね。
帝王切開と聞くと懐かしいし親近感が沸く私です。
みみたろう 2006/09/06(Wed)19:12:10 編集
みみたろうさんへ:
みみたろうさん、こんばんわ☆
帝王切開、みみたろうさんもでしたものね。
今では懐かしく思えて痛かった事なんて忘れつつありませんか?
私も心羽が産まれてくれたお陰で帝王切開の痛みなんて忘れちゃいました♪
紀子様も今頃、私達のように頑張っていらっっしゃるんでしょうね。
シフォン 2006/09/06(Wed)19:37:16 編集
無題
こんばんは!!紀子様良かったですよね。母子共に健康が一番です☆
シフォンさんの出産話楽しみにしていますね^^私の友達でも帝王切開で出産された方が多くいて、中には予定していた前に陣痛がきてしまい大変だった~と聞きました。たまに出産の時の事思い出すとジーンと感動がよみがえってきますよね。
そうそう、私もお弁当頑張っています。シフォンさんのお弁当ボリューム満点で美味しそう☆明日は簡単焼肉弁当予定。朝早起きご苦労様です~お互い労をねぎらいましょう(笑)
クーちゃんママ 2006/09/06(Wed)23:11:30 編集
クーちゃんママさんへ:
クーちゃんママさん、こんばんわ☆
本当に紀子さまが無事出産なされて良かったと思います。 今はまだお腹や足腰が痛がっていらっちゃるのではないかと心配です。早くよくなるといいですね。
クーちゃんママさんの周りにもけっこういらっしゃるんですね。 帝王切開が決まってて陣痛は怖いですね。(T0T)
今はムリをして下から産ますよりもお腹を切ってでも帝王切開の方が安全ともいいますものね。
なんたって、「帝王」なんですから! 大丈夫です♪
実のところ、私がまさか帝王切開になるとは思っていなかったのが本心で・・・(^-^;)
でも、今となっては言い経験?かしら?
明日また続きをかくので良かったら読んでやってください♪
シフォン 2006/09/06(Wed)23:33:57 編集
無題
お久しぶりです。私も皇室ニュース新聞で読みましたよ。帝王切開しても、元気な赤ちゃん達お母さんたちの決意、きっといつか分かってくれることでしょう。3人の子供たちを、何も問題なく水中出産できた自分のラッキーな事を思い知らされます。
ねこぱい 2006/09/10(Sun)19:28:31 編集
ねこぱい さんへ:
わーい♪ ねこぱいさんお久しぶりです♪
お元気でしたか?
ハワイは四六時中暑いのかしら?
日本はまだ残暑が厳しくて暑いです。そろそろ秋が恋しくなってきました。(*^-^*)
ねこぱいさんは水中出産だったんですね(☆▽☆)
私、実は水中出産にすごく興味があったんですよ。
逆子だったため、私の病院では水中出産ができたのかも聞いてませんが、
もし普通分娩ができたら、考えたかった出産方法でしたね。
普通分娩も水中出産も帝王切開もみんな愛しい赤ちゃんを産む
お母さんのすばらしさは一緒ですよね♪ 
紀子様も今頃お体の回復の為、親王の為頑張っていらっしゃる
ことでしょうね。
シフォン 2006/09/11(Mon)09:19:21 編集
プロフィール
HN:
シフォン
性別:
女性
職業:
専業主婦
趣味:
縫い物&イラスト
自己紹介:
2001年に結婚、義両親と
主人と私と娘の5人家族です。
2006年の6月8日に2580gの
女の子「心羽」こはね
を帝王切開で出産。
このブログで子供の事、
家族の事、趣味の事、
その他いろんなお話を
していかれたらと
思います。
不定期の更新でコメント
頂いてももすぐにお返事
できない事もあると
思いますがどうぞ宜しく
お願いしま~す♪
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
心羽の成長曲線♡
いくつになったの?
*script by KT*
結婚記念日カウントダウン

*script by KT*

見てくれてありがとう♡
風鈴
レベッカボンボン
最新コメント
(11/18)
(10/26)
(11/02)
無題(返信済)
(09/24)
無題(返信済)
(09/03)
(08/28)
(08/26)
無題(返信済)
(08/25)
☆祝☆(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/17)
メールはこちらへ♪
劇場版アンパンマン
THOMAS
gremz
カウンター
フリーエリア
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
ブログ内検索
アクセス解析
ジオターゲティング

ジオターゲティング
お天気情報
Daily Fortune

-無料占い-
今日は何の日
勝てるかな?
バーコード
Healing Label 
フリーエリア

Copyright © * kohane & colorfuldays * All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]